相手の顔色をいつも伺っていて、モラハラされていると感じている方、その苦しさから抜け出しませんか。          

初めまして、モラハラ相談室のてんです。
私自身、モラハラに苦しんだ経験があります。
いつも相手の顔色を伺っている。何でも自分のせいになってしまう。怒鳴られたり無視された日は自分を責めて、謝ってばかり。そして、何もされなかった日は幸せだと感じてしまう。
心当たりありませんか?
この状態が思い当たる方は、モラハラする相手にあなたの心が支配されているかもしれません。
ほとんどの場合、モラハラされていることに気が付かず、長い間苦しい思いをされている方が多いのです。モラハラにより支配された思考回路は、自分を責めてばかりで自分が苦しいことに気が付きません。私もその一人でした。
あなたの心は、自分を責めて耐えて悲鳴をあげていませんか?
それはとても苦しいことなのです。
もしその苦しさに気が付くことができたのなら、モラハラに支配されている思考回路を外していきましょう。モラハラに負けないマインドセットをすることで、そこから抜け出すことができますよ。

ハラスメントから抜け出す対策の基本は、
『闘う』か『何も言わせない位できる自分になる』か『逃げる』
どれを選んでも、負けないマインドは必要です。逃げるを選んだとしても、逃げるに至るまでは、強いマインドが必要なのです。

また、モラハラを引き寄せてしまう原因の一つに、あなたの自己肯定感の低さがあります。
その自己肯定感は、幼少期に負った心の傷が
あなたの深い意識(潜在意識)の中に住み着いて、影響を及ぼしていることがあります。潜在意識はあなたの意識の95%を占めています。それは無意識という形で居座ります。
例えば『お姉ちゃん・お兄ちゃんだから我慢しなさい』といつも親に言われていたとます。
『我慢しなければ親から愛されない』と子供は一生懸命我慢します。そして大人になった今もその意識は潜在意識に生き続け、いつも自分の意思が言えず我慢ばかりする大人になってしまうのです。
幼少期に負った心の傷を持った子供の私
=インナーチャイルドとも呼ばれます。
モラハラに限らず、インナーチャイルドは
夫婦関係、パートナーシップ、交友関係や職場、学校など人間関係を構築する上で様々な影響を与え、生きずらさを感じさせます。
改善していくためには、幼少期に傷ついたあなた自身の心に気が付く必要があります。
そして心の傷に気が付き昇華させることで、インナーチャイルドから解放され、ポジティブで自信のあるあなたに変わっていきます。カウンセリングでもお伝えしていきます。
(インナーチャイルドセラピーは準備中です)

苦しみの中にいる方、そこから抜け出して本当の自分を取り戻しませんか。誰もが自分らしく自分のための人生を生きて良いのですから。
相談できず苦しみの中にいる方が、気軽に相談できる窓口になれたらと思っております。
「これってモラハラですか?」などのご質問や気持ちを吐き出したい方、公式LINEにお気軽にメッセージを送って下さいね🌿
必ずお返事は致します。一番下のLINEボタンを押して公式LINEにご登録下さいませ。

カウンセリングについては、カウンセリングのページをご参照下さいね。

アメブロ→https://ameblo.jp/kao02191213/

お問い合わせ先

メールでのお問い合わせはこちら

もう一人で悩まないで下さい。ご一緒に苦しい現状を変えていきましょう。