モラハラ離婚により片親となった罪悪感

2024年06月01日 14:51

晴れの日は心地よい季節ですね。
観葉植物とトマトを育ているのですが、水をあげ過ぎても、あげなさ過ぎても上手く育ちません。子育てにも言えるなあと思います。

私の場合、夫のモラハラで離婚に至りました。
子供と2人で暮らすようになったときに、片親で申し訳ないとか不憫な思いをさせるまいと、どんなことからも子供を守り、子供が幸せに過ごせるように努めてきました。しかし、20代後半の息子を見て思うことがあります。それは自立ができていないと言うことです。
親なら不憫な思いをさせたくないと思うことはあると思いますが、ひとつ大切なことができていなかったと感じることがあります。
それは、どんな環境であっても親は子供が自立していけるよう関わるということです。成長段階に合わせて関わりを変えていかなくてはなりません。関わりを変えるというのは、子供が自立していけるように一つずつ手を離していくことです。当時の私は、子供を片親にしてしまったという罪悪感から子供を過保護に育ててしまいました。今はそんな自分を認めて、子供が自立に向かえるよう育て直しています。
 片親とか両親揃っているとか関係なく、たくさんの愛情と自立に向けた関わりができれば、子供はまっすぐスクスク育っていくと思います。
だから、片親になったとしても罪悪感なんて持たなくて良いのです。

記事一覧を見る